宿・ホテル予約ならじゃらんnet


2013年07月02日

天寧寺、近藤勇の墓、萱野権兵衛の墓、郡長正の墓

トップ > サイトマップ >


asIMG_7875.jpg

會津藩校 日新館から天寧寺(てんねいじ)まではタクシーで移動。

この時点をお昼過ぎていたので、車を多く、飯盛山あたりからはノロノロ運転となりました。

タクシー代は3,560円でした。朝のようにスムーズに行けばもう少し安かったと思います。まぁ、GWだから仕方ないね。


天寧寺(てんねいじ)は、応永28(1422)年、第11代・蘆名盛信の建立により創立した寺。かつては会津曹洞宗の僧録司で、末寺33カ寺、12の寺院をかぞえました。
のちに伊達氏の侵攻にあって焼けたため、蘆名氏の菩提寺としての面影は、本堂の礎石にわずかに残るのみです。

ここ、伊達政宗にやられていたんですね。

ここはお寺よりも近藤勇の墓、萱野権兵衛の墓、郡長正の墓が目的だったので、お寺のことは何もしらなかった(^^;;


asIMG_7873.jpg

天寧寺の裏手にある墓地はかなり広さで、その中に近藤勇の墓、萱野権兵衛の墓、郡長正の墓があります。


asIMG_7881.jpg

asIMG_7879.jpg

asIMG_7877.jpg

まずは近藤勇の墓から。

GWで訪れる人も多く、皆近藤勇の墓のほうに行くのでついていった。

山の上にあるのでちょっと登ることに。すくなり行けると思っていたら・・・


お参りに来る人があとを絶たない。新撰組の知名度? それとも近藤勇のファンなのかな?
若い女の子が多かったぁ〜



asIMG_7884.jpg

asIMG_7876.jpg

続いて萱野権兵衛の墓、郡長正の墓へ。

こちら誰も人がおらず。近藤勇の墓は次から次へとお参りに来るのに、このふたりのお墓に行く人は誰もいない。

萱野権兵衛は会津の家老で、戊辰戦争の責任者となり明治2年に切腹しました。

郡長正は萱野権兵衛の次男です。

会津の家老よりも観光客にとっては近藤勇のほうが有名なのよね。

萱野権兵衛、郡長正については、前ページの會津藩校 日新館をご覧ください。対して詳しくは書いていないけど(^^;;



asIMG_7885.jpg



天寧寺(てんねいじ)
福島県会津若松市東山町石山天寧208(地図)


posted by 夢子 at 14:23| 旅行記・2013年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする