宿・ホテル予約ならじゃらんnet


2013年07月16日

会津若松城(鶴ヶ城)でハート形の石に出会う♪

トップ > サイトマップ >


腹ごしらえをして、いよいよ今回の旅のメイン・会津若松城(鶴ヶ城)へ。

会津若松城についてはこちらをご覧ください。
会津若松城(鶴ヶ城)



aadIMG_7934.jpg

GWなので、午後3時過ぎでもすごい人です。

ここは北出丸の東側にある大手門跡。加藤明成の改築により正面となった門です。

ここを突破しようとすると、北出丸に加え、堀を挟んだ伏兵曲輪と本丸北側の櫓の三方から射撃が可能で、戊辰戦争においても官軍の侵入を許さなかったところです。


aadIMG_7943.jpg


aadIMG_7944.jpg


aadIMG_7947.jpg

武者走り

これは石垣の上の櫓にすばやく行けるように作られた階段。


aadeIMG_7950.jpg

私が真剣に石垣を見ていたので、地元の人が、『ハート形の石』探していると思ったみたいで、『ここにハートの石があるよ』と教えてくれた。

私、そんなこと全然知らなかったけど、親切な地元の方のおかげで、ハート形の石に出会えました(^○^) ありがとうございます。

ここにもう一個あるらしい。地元の人が探してくれたけど発見できず。


aadIMG_7961.jpg

御三階跡

現在、御三階は阿弥陀寺に移築されています。

前日に御三階を見ていたので、当時の風景が目に浮かんだ〜


aqdIMG_7993.jpg

dIMG_7994.jpg

月見櫓跡

防備のための櫓。ここから眺める月が美しかったことから、月見櫓と名づけられた。


aadIMG_7998.jpg


aadIMG_8005.jpg

廊下橋

前日乗ったタクシーの運転手さんがここから入るのがおすすめと教えてくれましたが、腹ごしらえをしていたから、遠くから見るだけに。

この廊下橋は蒲生時代には屋根付きの橋だったので、廊下橋と呼ばれています。蒲生時代は橋を渡ると正面口でした。

加藤明成の改築の際、非常時に橋を落として通行を遮断するために、簡易なものに架け替えられました。

手前の石垣は約20mもの高さがあり、城内一の高さです。これも加藤明成のときに築かれたものです。扇勾配をなし『忍者落し』ともいわれています。


aadIMG_8008.jpg


aadIMG_8016.jpg


aadIMG_8019.jpg

天守から眺め。白虎隊自刃の地も見えました。

ここでも紅白のポールを目印にしました。⇒白虎隊自刃の地・飯盛山


aqdIMG_8031.jpg

鐘撞堂

時報の鐘が置かれた建物。戊辰戦争の際にも開城まで時を知らせ続けました。

ここに政府軍の砲火が集中し、時守が相次いで倒れたにも関わらず、最後の最後まで正確な時を報じたそうです。



鶴ヶ城は蒲生時代、加藤時代の石垣がありますが、人が多くてじっくり見れなかった。

いや、見たけど、まだまだ私の勉強不足でわからないことも多々あり、石垣奥が深すぎる〜

写真でみる会津若松城(鶴ヶ城)



会津若松城(鶴ヶ城)
福島県会津若松市追手町1-1

posted by 夢子 at 14:44| 旅行記・2013年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする